航空券はいつから予約することができるのか?

飛行機利用が当然な時代

imag3res

今や旅行に出る時、利用する乗り物と言えば飛行機と言う人が多くなっています。短時間で遠くまで移動することが出来る上、最近ではLLCと言われる格安航空会社の存在もあり、移動に利用する人が増えています。では、この航空会社の航空券と呼ばれるチケットの予約販売は、いつの頃から出来るのでしょう。早めに予約を入れることで、安くなると知っている人もいるようですが、どのようなシステムになっているのか、知っておくと、何かの時には便利なことになるでしょう。

チケットの購入方法を考える

1410735813pl8ep-300x224
このチケット購入方法は、航空会社や利用するチケットの種類で違いがあります。一般的な飛行機の普通運賃では、国内線の場合で2ヶ月前からです。また国際線については、330日前と言うことが、基準です。ですが料金が大きく違うのがあり、それが割引運賃で、航空会社でそれぞれの呼び名があり、料金設定も違って来ています。これらに対し、販売の締め切りは、出発ギリギリまで行われます。搭乗手続きが可能な時間まで、このチケット販売は出来ることになります。

割引運賃の利用で得をしましょう

futta2726m
大手航空会社のANAやJALにも格安航空券の様な割引運賃が存在しています(参考*JAL格安航空券)。新興の航空会社やLLCに対抗するための手段として、大きな割引にもなっています。「先得」とか「早割」、「特割」と言った名称で行なわれる早期購入による格安運賃チケットの多くは、2ヶ月前より早く販売されることになります。このッ割引は、日程で示されることが多く、75日前、55日前、45日前、28日前といった具合に割引率が設定されることになります。当然、予約日が早いチケットほど安く設定されています。

LLCのチケット購入は

pic-1-20
しかし国内では今、LLCの発達が顕著になっており、利用する人が急増しています。このLLCの場合、予約の多い日には、運賃が高く設定されることになり、少ない日には、運賃が安く設定されています。これは、空席連動型と言われる方法を採用することで、効率の良い運行を行いたいと考えることから、行なわれています。また、LLCでは、チケットの販売も早く行なわれうことになっており、最大6ヶ月前からチケット購入を受け付けています。

キャンセル料金を考えるようにしましょう

飛行機のチケット購入を安くする方法には、いろいろとあります。しかし、サラリーマンのように出張で遠隔地を予定する人には、難しいものと言われます。これら早めに販売される格安チケットは、キャンセル料金が高く付くと言うことです。そのため、早めにキャンセルすることで、損失は少なく終わりますが、ギリギリの段階になると、キャンセル料金も多額になってしまいます。そのため、日程に変更のない旅の時の予約がベストになります。

搭乗者の変更は可能なのか?

飛行機を使っての旅行する時代

誰もが気軽に飛行機を利用する時代になりました。そのため、海外旅行へも行かれる人が多くなり、ゴールデンウィークを始め、夏休みや冬休みの各空港には、多くの家族連れで賑わう光景が見られています。また最近では、LCCと言われる格安航空会社の進出から、尚更のこと旅行がしやすくなって来ています。国内旅行を楽しむよりも、このLCCを活用することで、海外旅行の方が安く終わることもあり、多くの人が利用するに到っています。

飛行機は短時間移動で疲れ知らず

飛行機を使うことが人気になった理由として、短時間で遠隔地まで行くことでしょう。電車で東京から北海道まで、丸一日かかり移動することから比べると、航空機を利用すると、半日で目的地に着くことが可能にもなっています。その利用料金においても、電車等を利用する旅と変わらないことや、時には安価な設定にもなっていることも、利用者が多くなった理由なのでしょう。そこには、移動の疲れも少なく感じることもあり、老若男女に好まれる手段となったと考えられます。

予約をすることも簡単になりました

また、飛行機の予約を入れることも、非常に簡単な時代になりました。以前ですと、予約をするために、店頭に出向いたり、旅行会社に依頼するしかありませんでした。しかし、インターネットが発達したことにより、自宅から24時間、いつでも予約が可能になりました。名前、年齢、連絡先、搭乗日時、搭乗する便等を確認することで、自宅から簡単に申し込むことが可能です。また、混雑状況もその場で判かることから、自身の予定変更もその場で出来ることになります。

搭乗者の変更は可能か

しかし、一度搭乗すると決め、チケットを購入した人が、旅行を取りやめになった時、このチケットはどうすることになるのでしょう。基本的なことは、払い戻しを行なうと言うことになります。よく言われることに、家族の誰かに譲りたいとあるのですが、これも違反になります。あくまで、購入した人が搭乗することになっています。そのため、搭乗者の変更は、出来ないとなっています。搭乗する人とチケットの名前が違う場合には、搭乗出来ないと知っておきましょう。

チケット購入時に知っておきたいこと

もし、家族同士でも搭乗者が代わる場合には、一度予約を解約し、あらためてチケットの購入を求めることになります。また、同様に区間の変更も出来ません。この場合も、一度解約をしてから、あらためてチケットの購入と言うことになります。勘違いされて困ることに、チケット購入時、申し込む人と搭乗する人の名前が違うことには、問題がありません。両親などが、お子さんのチケットを購入する時には、このようなことが起こりえますので、まったく問題はありません。

経由便を利用の際、何分の接続時間が必要なのか?

格安航空券をお探しの方へ

海外旅行に出かけようと考えている方の悩みの種の一つが、航空券の値段です。近年は格安航空会社の就航等に伴い今までより圧倒的に安い値段で航空券が購入できる時代になりました。誰でも簡単に海外旅行に行ける時代になりました。しかしだからといって、すべての航空券が安いわけではありません。エリアによってはまだまだ航空券が高いエリアがあります。時間よりも少しでも安い値段で旅行に出かけたい、そんな考えをお持ちの方は経由便の利用を検討してみましょう。

経由便を利用するメリット

経由便の飛行機を利用するメリットは、何と言っても値段の安さです。直行便を利用する場合と比べて圧倒的に安い値段で航空券を購入することが出来ます。また、経由便の場合格安航空会社と航空券の値段が差ほど変わらないことが多いので、経済的にも苦しくありません。大手航空会社を利用すれば、経由便ではあるものの荷物等もスルーで預けることが出来、また機内食等も頂くことが出来るので非常に快適な旅行を実現することが可能となります。

経由便を利用するデメリット

しかし経由便の飛行機を利用する場合はある程度のリスクが発生します。まず飛行機の遅延によって乗り継ぎ便に間に合わなかった場合です。そのような場合、経由地の空港で新たな航空券等の手配をする必要があります。その際は高度な英語力などが必要となり何かと苦労します。また、荷物の積み残し等のリスクも発生します。経由地の空港で何かの手違いによって荷物が積み残される可能性があります。そんな場合、目的地についても荷物がありません。

経由便を利用する場合の問題を解決する方法

さて、メリットもありデメリットもある経由便の利用ですが、これらのリスクを回避するためには予約の際に細心の注意を払う必要があります。特に重要なのが乗り継ぎ時間です。乗り継ぎ時間にある程度余裕をもった航空券を購入することで、リスクを回避することが出来ます。必ず予約の際は乗り継ぎ時間の確認を行い、余裕を持った航空券を予約しましょう。また、事前に乗り継ぎ方法等をインターネット上で確認し、乗り継ぎの流れを理解しておきましょう。

経由便を活用しお得に旅行に行く

経由便の飛行機を利用する場合、直行便では考えられない程の安い値段の航空券が買えることがあります。場合によっては格安航空会社より安いこともあります。安い分、削っているところがありますので内容を理解すれば価値があるでしょう。そのため旅行の優先順位もありますが、時間と手間がかかっても安くしたい場合はいいでしょう。そうすることで、考えられない程安い値段での海外旅行が実現します。

新生児連れで飛行機に乗っても大丈夫?

時間短縮には飛行機の利用

旅行とか出張、そして里帰り等に利用されることが多くなっているのが、飛行機を使い移動することです。予約も簡単で短時間で遠くまで移動することが出来、更にはその航空運賃も安価になって来ています。移動時間が少ないことで、身体への疲労も少なく、移動手段としては最適なものと考えられます。しかし今でも、飛行機が空を飛ぶのが不思議と考える人もいるようです。ですが、その人たちも、時間短縮のために、利用する機会も増えていると言われます。

家族連れ子供連れが増えた旅行

飛行機を利用する旅行客が増えると共に、夏休みとか冬休みには、家族連れの人たちの利用が、多くなっています。そこには、小さなお子さんを抱えたまま、搭乗される様子も多く見られるようになりました。しかし歩けるようなお子さんならまだしも、生まれたばかりと言う新生児の赤ちゃんでも、飛行機に乗ることについては、問題ないのでしょうか。日本の大手航空会社では、生後8日以降であれば問題なく搭乗が可能になっています。生後7日では、搭乗出来ないことになります。

赤ちゃんが乗れる航空会社

これら航空会社以外では、医師の診断書があれば、生後7日以外でも搭乗出来る航空会社もあります。急ぎで利用しなければならない時には、便利になっていますので、搭乗を予定する時には、確認を取ると良いでしょう。このような傾向は、都心に住む人たちが、子供を産むために実家に帰ると言うことが理由と言われます。女性の実家で赤ちゃんを産み、産後ある程度落ち着いた時点で、その後夫婦の住まいに戻る形を取ることが多くなっていると考えられます。

赤ちゃんの航空運賃を知る

赤ちゃんの航空運賃は、どのようになっているのか心配する人も出て来るでしょう。国内の大手航空会社では、大人1人について、2歳までの赤ちゃんを2人まで、同伴出来るシステムになっています。航空運賃は、大人の膝の上に1人を抱っこする形での搭乗であれば、1人分は、無償で搭乗出来ることになります。ですが、もう1人は座席を利用することになりますので、小児料金が適用されます。このことは、予約時にキチンと確認しておくと良いでしょう。

赤ちゃんへのサービス提供

羽田のような広い空港では、ベビーカーの貸し出しが嬉しいはずです。長いアプローチを歩くため、抱っこをしての移動が、大変だからです。大手航空会社を利用することで、ベビーカーの貸し出しとか、機内でのおむつ交換の出来るトイレが設置されています。また、赤ちゃんの場合、飛行機を利用することで、航空中耳炎にかかる可能性も大きくなります。唾液の分泌を促進される、フルーツジュースであるとか、煮干昆布等が良いとされます。

間違えて予約をしたので取り消したい…手数料はかかるの?

飛行機の予約をする前にチェックする事

飛行機の予約をする時は、カード決済やコンビニで支払いをする方法など、様々な決済方法がありますが、万が一にキャンセルする場合に手数料がかかるのかチェックする事をお勧めします。サイトによっては、キャンセル料が多めに掛かることもあり、事前に確認をしておきます。後でトラブルの元になるためです。サイトでの予約は注意が必要です。わからないことがあればコールセンターもある為、直接問い合わせるようにします。そうすることでトラブルを回避できます。

飛行機の予約をする時はサイトを比較する

予約をする時にはただ検索エンジンにてチェックし、安易にするのではなく、購入するにいろいろサイトがある為、比較する事をお勧めします。キャンセルになった時に手間が掛からない為です。サイトによって購入後、キャンセルは出来ませんと言う事もあります。サイトによってはキャンセルに関して厳しい反面、お得な情報や優遇があったりもします。安心して購入したいとなれば、どれくらい対応してくれるのか見極めが必要と言えます。

キャンセルの時の対応を確認

キャンセルするとなればコールセンターに問い合わせる事になりますが、その時にどのような対応をしてくれるのかチェックをするようにします。もし対応が優れたものであれば、今後キャンセルにおいては信頼して電話することができます。反対に対応の悪さが強調されたのであれば、今後も購入するのであれば、控えた方が益でしょう。お客様対応をしっかりしている所はキャンセルだけでなく、質問においても丁寧に対応してくれます。応対に対してもチェックするようにします。

レビューサイトにおいてもチェック

サイトを通してチケットの申し込みをする時にはレビューサイトを読んで、評判が良いかチェックする事もお勧めします。使った利用者がどのような対応されたのか、チケット購入後の対応は生の声を聞くのが一番わかりやすいです。レビューサイトを見ることで購入していいのか安心感を持つことが出来ます。そして購入後、対応が良ければレビューに感想を入力する事もお勧めします。後に始めて購入する方に対しても参考になるからです。レビューは判断材料に有益と言えます。

手数料を比較する勧め

キャンセル手数料は飛行機が旅立つ日が近づけば近づく程、高くなるのか一般的と言われています。しかしどうしてもキャンセルとなれば、手数料がどれくらいかかるのか事前に知っておくことが得策と言えます。比較的近い日でも手数料が割安と言う事がサイトによってあります。サイトによって比較するようにしましょう。1社だけでなく数社を比べながら購入する習慣をも持つことをお勧めします。チケットの代金だけに限らず、キャンセル手数料の比較にも有益だからです。

『日本→アメリカ』 どれくらいの航空会社が参入している?

始めてアメリカ観光に行かれる方からは、「どこを利用して行けばいいですか」という質問をよく受けます。
 国際線に乗るのが初めてであれば、飛行機自体に乗ることが不安であるのはもとより、どの航空会社を利用すればいいのかも悩んでしまうところです。
 アメリカ観光の準備において、飛行機の予約は早い段階で行うべき準備で、そのなかで「どの航空会社を利用するか」については早い段階でぶち当たる壁だとも言うことができます。

『日本→アメリカ』 参入する航空会社はたくさん

 日本からは、アメリカの様々な空港へ、飛行機が乗り入れています。その空路によって、乗り入れている航空会社が変わってきます。
 また、時間などによって、利用する航空会社が決まってくることもあります。例えば、1日1本しかフライトしていない航空会社を待っているよりは、違う航空会社を利用してアメリカまで行った方が、効率的であることは間違いありません。

人気のアメリカ行き航空会社は?

 やはり日本大手である、JALやANAが人気のようです。特に初めてアメリカ観光へ行く方からは、「日本大手航空会社であれば、サポート体制も抜群で安心である」と人気が集められています。
 とは言っても先述したように、目的地や日時によって、フライトする航空会社は大きく変わってきます。自分のアメリカ観光計画と照らし合わせて、ガイドブックやインターネットなどで情報を収集するといいでしょう。

どの航空会社を利用しても、移動時間は変わらない

 格安料金を提供する航空会社でアメリカまで行ったとしても、その代わりに時間が大幅にかかるといったことは無いので安心してください。「日本→アメリカ」の空路は、直行便であれば、どの航空会社を利用したとしても、同じような所要のときで行くことができます。
 しかし、乗継便を利用する場合は、料金がかなり安く抑えられる反面、移動時間がとてもかかる場合があります。乗継便を利用してアメリカまで行く場合には、改めて所要時間を確認しておきたいものです。

『日本→アメリカ』 どれくらいの航空会社が参入している?まとめ

 『日本→アメリカ』の空路は、様々な航空会社が参入しており、目的地や日時によって人気航空会社が変わってきます。その中でも不動の人気を集めているので、JALやANAなどといった日本大手航空会社で、サポート体制が抜群であることから、多くの人に重宝してです

 ちなみに、どの航空会社を利用しても、直接いけば所要時間は変わりません。格安航空会社の利用が、賢い選択だと言えるかもしれません。

アメリカ観光直行便か乗継便か

始めてアメリカ観光をする方は、「直行便にするか乗継便にするか」で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
多くの方は直行便で行くことを想定していますが、乗継便の安さを知ったときには、驚くものです。

直行便であればスムーズにいける

当たり前ですが、直行便にさえ乗ってしまえば、後は目的地に着くまで待つだけです。一方で乗継便であれば、一度降りてどこかの空港で待機していなければいけません。場合によっては、乗継便は直行便の2倍程度も所要時間がかかることがあるので考え物です。
よほど体力に自信があればいいのですが、初めてのアメリカ観光となると、疲れてしまいがちです。
少しでも不安に考えている人は、無難に直行便を利用したほうがいいのかもしれませんね。

移動手段? 休憩するための空間? 飛行機をどう捉える?

アメリカ観光は疲れるもので、飛行機内ではゆっくりしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。そんな方は、直行便を利用するといいでしょう。乗継便ですと疲れてしまいがちで、アメリカについたころには疲れ果てているという状況も免れません。
飛行機に乗る時間も楽しみに考えている人も多いはずです。であるならば、なるべく移動時間は快適に過ごしたいものです。

乗継便はとにかく安い

乗継便を利用するメリットは、「とにかく安い」ということに尽きるでしょう。実際に、直行便の半分程度の値段でアメリカまで行けてしまうこともあるので、お金が無いときには重宝することができます。
もちろん時間はかかってしまいますが、長期休暇などで余裕があるときには、ぜひ活用したいものです。
また、乗継便ですと途中で空港に滞在するわけですから、自分の知らない土地へ行くことができるというメリットもあります。次に乗る飛行機まで時間がある場合には外出することもできますので、自分の経験地を伸ばすことができるでしょう。

アメリカ観光 直行便か乗継便か どっちがいい?まとめ

直行便であれば、スムーズにアメリカまで行くことができます。初めてのアメリカで不安な場合や、移動時間は快適に過ごしたい場合には、直行便を利用するといいでしょう。
乗継便であれば、移動時間が直行便の2倍程度となってしまうこともありますが、かなり安い価格でアメリカまで行くことができます。
自分の体力や時間の余裕と相談して、直行便を利用するか乗継便を利用するかを、選択したいものです。

『日本→アメリカ』 使う航空会社の決め方

始めてアメリカ観光へ行く場合には、使う航空会社に悩むものです。そんな中でも、使う航空会社を決めないことには、アメリカ観光を実現させることはできません。

目的地によって航空会社は変わってくる

『日本→アメリカ』と言っても、色々な空路があります。アメリカのどこを観光するかで、目的地となる空港も変わってきて、その目的地に乗り入れている航空会社から、使う航空会社を決めることになります。
また、日本の出発地も、成田空港・中部国際空港(セントレア)・関西国際空港などと、人によって変わってくるのではないでしょうか。
空路によって使う航空会社は変わってくるので、自分の利用する空路と照らし合わせて、使う航空会社を選択する必要があります。

乗る時間帯によっても、航空会社は変わってくる

日本の空港の出発時間によっても、使う航空会社は変わってきます。いくら安くてお目当ての航空会社があったとしても、その時間に間に合わなければ乗ることができません。
自分が何時に空港を出発したいのかを考えて、その時間にフライトしている航空会社の中から、使う航空会社を決めなければいけないのです。
特にマイナーな航空会社を利用する場合には、その航空会社が目当ての時間にフライトしていない可能性も大いに考えられるので注意が必要です。

大手航空会社のフライト頻度は高い

JALやANAなどといった大手航空会社も、たくさんアメリカへフライトしています。そんな大手航空会社のフライト頻度は高いため、これらの航空会社を利用したいと考えている場合には、比較的簡単に計画を立てることができるでしょう。
また、主要路線であればあるほど、フライト頻度は高くなります。初めてのアメリカ観光で、主要観光地を巡るのであれば全く困ることはないでしょう。一方でマイナーな観光地へ行く場合には注意が必要で、フライト時刻をきちんと見極めておく必要があります。

『日本→アメリカ』 使う航空会社の決め方まとめ

『日本→アメリカ』の空路は、目的地によって利用する航空会社が変わってきます。また、時間帯などによってお目当ての航空会社がフライトしていない場合があるので、注意が必要です。
大手航空会社であればフライト頻度も高く、そこまで困ることはないでしょう。また、主要空路であるほど、フライト頻度が高くなる傾向があります。

『日本→アメリカ』 気をつけるべき点

この記事では、アメリカ観光をする上で、気をつけるべき点を紹介していきます。どのようなことを気をつければいいのでしょうか。

日本→アメリカ 所要時間は10時間以上

日本→アメリカの空路。直行便を利用したとしても、片道10時間以上掛かってしまいます。そのため、飛行機内での過ごし方が重要になってきます。10時間も飛行機内にいるわけですから、結構暇を感じてしまうものですよ。
また、厄介なのが時差があることです。アメリカに到着したはいいものの、時差ボケに陥ってしまう人が多いものです。飛行機内で睡眠をとることで時差ボケが増してしまう人もいるようですので、しっかりと対策を練っておきたいものです。
また、ある程度の食料もあるほうが、飛行機内で快適に過ごすことができるでしょう。機内食が自分の身体に合うとも限りませんからね。

気候変化に戸惑う人もいる

日本とアメリカの緯度は似たようなイメージを抱きがちですが、場所によっては日本出発時と全く異なる気候であることもあります。
事前に到着地の気候を調べておき、服装対策をしておくといいでしょう。仮にアメリカ現地で服を買おうとしても、言語やサイズによって上手くショッピングができないこともあります。
目的地の方が暑いのであればそこまで問題は無いのですが、目的地のが寒い場合は特に注意が必要ですよ。

言語対策をしておこう

日本人が多く訪れるような観光都市であれば、英語ができなくてもそこまで問題ではありません。ニューヨークなんかは、英語が通じなくても観光ができるものです。ニューヨーク現地の人も、英語ができない日本人を毎日のように見ているようで、英語ができないことがそこまで問題にはなりませんでした。
しかし、そこまで観光客がいないような土地に行く場合には、やはり人と話す上で、「英語ガイド」的なもの程度は用意しておいたほうがいいでしょう。
よく書店に行くと、「旅行向け英語翻訳ガイドブック」のようなものが売られていますよ。

『日本→アメリカ』 気をつけるべき点まとめ

アメリカまでは10時間以上かかるため、飛行機内では暇になりがちです。時差ボケをしてしまうこともあるので、注意が必要です。到着する目的地によっては、気候変化が激しい場合もあるので、服装対策などもしておくといいでしょう。また、行く場所によっては、言語対策もある程度はしておくといいでしょう。

海外航空券まとめ

日本→アメリカの航空会社はたくさんあり、価格競争も発生しているため、とても安い料金で行けることもあります。
人気の航空会社は、ANAやJALなどの日本大手航空会社です。最高質のサービスとサポート体制と、安心感が人気の要因であるようです。
しかし、格安航空会社も参入しているい以上、格安航空会社を利用したいと考えている方も多いのではないでしょうか。
どの航空会社を利用しても所要時間は大して変わりなく、またサービスの質も一定水準は保たれています。格安航空会社の利用を考えている方は、そこまで気負う必要はないでしょう。特にココ最近、格安航空会社のレベルは上がってきているように感じられます。

目的地によって、利用する航空会社は変わってきます。また、時間帯などによっても、利用する航空会社は変わってくるようです。
そのため、特定の航空会社を決めるよりは、フライトする航空会社から利用する航空会社を決めるほうがいいでしょう。
また、大手航空会社の方がフライト頻度が高いものですので、大手航空会社の利用を考えている場合には、そこまで問題に考える必要はないでしょう。

飛行機を利用する上で、直行便か乗継便かで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
直行便ですと、ノンストップでいけるというメリットがあります。一方で、乗継便であれば、より格安料金で飛行機に乗れると言うメリットがあります。
しかし、乗継便の場合は、かなりの時間がかかることもあるので注意が必要です。よほどお金に困っている状況でなければ、直行便のほうがいいのではないでしょうか。
やはり、旅行は楽しまなければいけませんからね。飛行機での時間もストレス無く快適に過ごしたいものです。

直行便だとしても、アメリカまでの所要時間は10時間以上かかってしまいます。意外と近いものだと勘違いしている人は、注意しておかないと、飛行機内で暇な時間を過ごしてしまうことになります。
また、目的地によっては、気候が大きく変わることがあります。目的地の気候をきちんと把握した上で、服装対策をきちんとして、飛行機に乗り込みたいものです。
もちろん、ある程度の言語対策も必要ですよ。旅行会話程度はできるようにして、旅行に挑みたいものです。